一般社団法人の設立手続き

一般社団法人の設立手続き

一般社団法人とは2名以上の社員が集まって
作る、営利を目的としない法人のことを指しています。

 

昔は社団法人となると、公益性を要求されていましたが
現在では、制度改革がなされ公益性が目的に存在していなくても
一般社団法人として法人格を取得することが
可能になりました。

 

そして一般社団法人のうち、公益性を持つものとして
認められた法人については後に公益社団法人として
法人格を取得することが可能になります。

 

最初は一般社団法人からということになり、
一般社団法人であれば、比較的厳しくない基準にて
設立が可能となっております。

 

 

資本金は必要ありません。

 

一般社団法人に関しては、資本金は登記事項では
なくなり、資本金、出資金がなくても法人を設立することが
できるようになりました。
株式会社や合同会社と異なり、資本金を前面に出すという
組織でないため、資金に関係なく動きやすい側面もあり、
また社団法人という言葉の響きからも、通常の株式会社に
比べ、公的側面が強いと見られる可能性が高く、
事業を推進しやすくなっているともいえると思われます。

 

 

一般社団法人を設立するメリット

 

法人ではない団体は任意団体ということになり、
公的な場では、団体として名義を使えないというところが
あります。あくまで団体の中の代表の名義でしか認められないと
いうものになり、その団体の構成員が変動する可能性はあるため
信頼度が劣るという点があります。

 

その点、一般社団法人となることができれば、
法人として財産や各名義を管理できるということに
なるため、個人おりも信頼度が高いということに
なるのです。

 

各営業の取引や、金融機関との関係、人材募集の段階や
プロモーション等についても信頼度が高まるということは
大きなメリットではないでしょうか。

 

 

設立手続きの代行を行っております。

 

ウィズアス行政書士法人では一般社団法人の
設立手続きについても承っております。
細かい書類の整備や、関連役所とのお打ち合わせ等
代行させていただきますので、是非お気軽にご相談
いただければと思います。


HOME 取り扱い業務 会社概要 会社所在地 お問い合わせ